MENU
お勧め情報系LINK
あなたの相続の悩みを一気に解決!!振り返れば相続弁護士がそこにいますよ。

弁護士だからできる遺言書作成

遺産相続に関する争いはますます複雑なものになり、当人同士だけで解決できないケースも多くなっています。

また、そういったトラブルを回避するために遺言をのこしておこうと、行政書士や司法書士などに作成をお願いした、というのも最近よく聞く話です。

ただし、その遺言をめぐって紛争に発展してしまった場合、解決できるのは行政書士や司法書士ではありません。

あくまでも、行政書士にできるのは、140万円以下の紛争の相談であり、司法書士にできるのは、遺言作成のサポートのみ、ということを理解しておく必要があります。


では、そういった遺産相続のトラブルを解決できるのはいったい誰か。

それが弁護士なのです。


遺言書を作り、それが公正証書遺言の場合、その遺言の写しを弁護士に預けることも可能ですので、守秘義務のある弁護士は職務上知り得た事実を第三者にもらすことはできないことから、遺言書の存在を周りに秘密にしておくことができる、といったメリットもあります。


また弁護士は遺言を執行できる立場でもあるので、相続の際のトラブルや紛争をできるだけ避けるよう遺言書作成に努めます。

相続人全員が嫌な思いをすることなく、遺産を受け取るためにも、遺言書作成の際には、経験知識共に豊富な、遺産相続 弁護士にまずご相談されることをおすすめします。